250TR買取相場

今回は250TRの買取相場を中心に査定額の詳細をご紹介していきます!

2002年~2013年までカワサキメーカーにて生産されてきた250TRも販売終了がしてから早5年経ちました。今いくらで買取が可能なのか最近の相場状況をチェックしましょう。

 

2019年でも250TRは需要あり!買取相場は2~20万!

バイク人口が毎年減ってきていますが、250TRはまだまだ見かけます!

そんな250TRの買取相場は今の2019年の現状というと、
2万円~20万円くらいがだいたいの買取相場とみていい感じです。

 

2万円と20万円てちょっと高低差がありすぎてヤバイですね。

買取価格調査を無料査定にて調べていてびっくり。

 

この買取価格・買取金額の差については250TRの売られ始めた当初の2001年くらいあたりの車両は全体的によく走行して走行距離が多いものが多く、車両状態も傷やサビなどが増えているものが多いので、車体価値が下がり、比較的買取自体が安い傾向にあります。

 

250TRの中で買い取り額が高くなる傾向な高額買取可能年式は、キャブ最終モデルの2005年式か2007年以降のインジェクションモデルが比較的高くなるようです。

 

250TRそれぞれの年式の買取査定目安を公開

年式別に買取査定目安を公開

 

それではつづいて、250TRの各年式の買取相場の目安をみてみましょう!

250TR買取価格の大きなポイントはキャブ車の古い年式かインジェクション年式かどうかです!!

 

キャブモデル

  • 2002年式 BJ250F-000~
    走行距離38000km 約2万~5万円
  • 2005年式 BJ250F-000~
    走行距離30000km 約8万円

 

インジェクションモデル

  • 2007年式 BJ250F-040~
    走行距離18000km 約16万円
  • 2011年式 BJ250F-040~
    走行距離26000km 約12万円
  • 2012年式 BJ250F-040~
    走行距離10000km 約20万円

 

250TRの販売された初期の古いキャブ車モデルは全体的に買取価格は安いです。

初期のキャブモデルで走行距離自体が30000km~40000kmだと2万~5万円くらいが買取価格の平均目安となっていました。

 

ただ初期型の中でも走行距離が少なく10000km前後くらいでサビや傷などもなく程度の良いものなら、10万円程度の買取価格も見込める可能性もあると思います。

 

250TRで全体的に買取価格自体が上がってくるのはキャブ最終モデルかインジェクションモデルです。

 

2005年のキャブ最終モデルからは買取査定相場はガクッと高くなり8万~10万円以上は見込めるような感じです。

 

インジェクションのモデルだと走行距離がかなり多かったり、よほど程度の悪い車両でなければ15万円以上での買取は見込めると思います。

 

 

250TRを高く売るコツ・高く売るためにはどうすべき?

 

 

250TRを今から売ろうとしているときに少しでも高く売る方法をお伝えしていきます。

 

高く売るための3つのポイント

1洗車する!
2純正パーツも一緒に売る!
3高く買取してくれるお店・業者で売るようにする!

 

洗車する!

もう何年も洗車をしていなかったり、磨いていないものなら、洗車をするかしないかで買取金額にはすくなからず影響していきます。

 

どこまできれいにきっちりやるかは車体の状態と実施する時のやる気次第ですが、時間をかけてきれいに磨き上げるだけでも買取査定額は変わります!

 

10万が20万円になるというような大幅買取アップはさすがに見込めないと思いますが、数千円~1万・2万円くらいならきれいに洗ったり、磨くことによって査定額が変わる場合もあります。

 

純正パーツも一緒に売る!

一般的にバイクはノーマル状態が高く売れるとされています。250TRもそうです。

 

元に戻すことができる純正パーツがあると買取額も多少ながらも高くすることができるかと思います。

 

あくまでも前変えたものが残っている場合に探す程度でいいと思います。

 

わざわざ買い集めてバイクを売却する必要はありません。純正パーツを買う方が高くつきます。

 

 

高く買取してくれるお店・業者で売るようにする

250TRを高く売るためのコツでもいちばん大事なのはコレです。

 

それは・・・

高く買取してくれるお店・業者で売るということです。

 

いろんなバイク店・買取業者があると思いますが、高く売るのなら買取業者が一般的に査定・買取が高いです。

 

街中にはいろんなバイク屋さんがあるかと思いますが、バイク屋は買い取ってすぐ売れるような車両であれば、高く買取してくれますが、そうでない場合は、お店のスペースだけとられて在庫コストだけかかってしまいます。

 

したがってその在庫コストがかかる分を見こして買取額も比較的低い傾向にあるように思います。

 

それに対してバイク買取業者は店舗販売の他にも、日々業者間のバイクオークションも実施しているので、すぐバイク自体を必要によっては整備して転売する形になっているので、在庫コストを大きくとらず、その分買取額をあげれるように頑張ってくれます。

 

なのでバイク中古販売店よりもバイク買取業者の方が私からは査定・売却についてはおすすめです。

 

Copyright© 250TRの買取相場【2019年に売ると査定額はいくらになる?】 , 2019 All Rights Reserved.