ホーム » アーカイブ

エリミネーター250Vはいくらで売れたらいい方?

読了までの目安時間:約 3分

カワサキの250cc人気アメリカンバイク「エリミネーター250V」の買取金額の情報を査定サービスを使って調べてみました。

 

エリミネーター250Vはけっこう高く売れる

 

エリミネーター250Vは2007年の自動車排出ガス規制によって新車製造は終了していますが、中古市場で重宝されています。

 

買取金額の目安としては、5万円~30万円で買い取ってもらえるような感じみたいです。

 

買取価格は1990年代と2000年代とでけっこう違ってきます。

 

1990年代のエリミネーター250Vは、5万円~18万円くらい。

2000年代のエリミネーター250Vは、10万円~30万円くらいと言ったような感じです。

 

この価格帯幅の中であとは車両状態・走行距離・カスタムによって変動していくような感じになります。

 

4~5万km以上走っていると限りなく一番低い査定額になってしまうと思いますが、1~2万kmと言ったような感じでまだそんなに走りつぶしてなくて、サビなども少ない状態であればある程度の買取が見込めると言ってもいいと思います。

 

エリミネーター250Vについて

 

エリミネーター250Vは1997年にフルモデルチェンジをする形で誕生しました。

 

以前のモデルは直列2気筒だったのに対して、新しいモデルはV型2気筒仕様をするため「V」の名称が付きエリミネーター250からエリミネーター250Vへと名前が変わりました。

 

1999年の排出ガス規制にもきちんと対策を施して対応し、その後も発売され続けましたが、2007年のさらなる排ガス規制のため生産が終了する運びとなりました。

 

よく走るアメリカンとして今でも人気です。

 

 

エストレヤRSの買取相場情報!!

読了までの目安時間:約 3分

 

Kawasakiの人気クラシカルバイクエストレヤ。

 

今回はエストレヤシリーズのエストレヤRSの買取について調べてみたいと思います。

 

エストレヤRSの買取相場情報

 

エストレヤRSをバイク王などのバイク買取業者に売ったらいくらくらいになるのかというと、調べた結果3万円~22万円の間で買い取ってもらえることがわかりました。

 

22万ならまだしも3万円ってめちゃくちゃ安いですね(> <)

 

買取が3万円のように低くなるのは、90年代の年式のエストレヤRSの場合です。

 

90年代の年式自体、最近では中古の値段自体がかなり安いです。

販売価格でいうと10万~15万円程度で買えてしまうような感じです。

 

3万円は一番低かった査定結果にはなりますが、90年代の年式でも程度がよければ6万~8万円くらいで買取もしてもらえるような感じでした。

 

2000年代からは車両自体の価値もちょっとあがります。

2000年代以降の買取相場でいうと8万~22万というような感じです。

 

20万以上の査定額がつくのはよほど程度がよいものでないとつかないので、平均的な相場でいうと10~15万円くらいがリアルな買取目安になってくるかなと思います。

 

まとめ

エストレヤのダブルシート・前後ディスクブレーキを装備したRSモデルについての買取価格情報をお伝えしてきました。

 

まとめると、

 

  • 90年代の買取が3万~8万円程度。
  • 2000年代の買取が8万~22万円程度。

 

このような感じで見ておくといいかなと思います。

 

以上、エストレヤRSの買取相場情報でした~。

Ninja250R売却したらいくらで売れますか?【買取相場はいくら?】

読了までの目安時間:約 3分

 

2008年より生産されているNinja250Rを今の2017年に売却するとした場合いくらで売れるのか?

いくらだったら損をしていないと言い切れる価格なのか?

 

Ninja250Rを売るときに正しい判断ができるように、買取価格の相場を調べてみました。

 

Ninja250Rはけっこう安いです(^_^;)

 

Ninja250Rは新型のNinja250が登場したせいもあってか、買取価格というか中古市場の価格帯が下がってきているように思います。

 

肝心の買取相場はというと、10万~27万円の間が買取目安と考えていいようです。

 

平均買取相場は18万円前後だったので、ざっくり買取目安をわけていくとすると、以下のような感じです。

 

●走行距離が多く、車両の状態が悪いもの⇒10万~15万程度

●走行距離がほどほど(2万km前後くらい)、車両自体も悪くない⇒15万~23万程度

●走行距離が少なく、美車の状態、高年式(2010年以降)⇒22~27万程度

 

あくまで相場目安なので多少のズレはあるかもしれませんが、だいたいはこれに当てはまってくるのではないかなと思います。

 

 

Ninja250Rバイクの歴史

 

Ninja250Rは2008年より製造販売されたカワサキの250ccスポーツツアラーバイクです。

 

Ninja250Rのエンジンは、直前まで生産されていたZZR250と同じの水冷4ストローク並列2気筒DOHCとなっており、250ccながらも非常にパワフルでよく走るものとなっています。

 

4気筒ではありませんが、最大馬力が31馬力/11000rpmを発揮するNinja250Rはしっかり走りにおもきをおいたバイクと言えます。

 

2008年~2012年まで生産販売をつづけることになるのですが、毎年1年ごとに新しいカラーリングのモデルを発表してたくさんのユーザーニーズにこたえるように作られていきました。

 

2013年以降は新しいNinja250としてフルモデルチェンジをして販売されていくようになりました。

 

 

Ninja250売却したらいくらで売れるものなのか?【買取相場は?】

読了までの目安時間:約 3分

 

Ninja250を売却するとしたらいくらで売れるのものか?

 

いくらだったら損をしていないと言い切れる価格なのか?

 

売るときの判断基準ができるように、買取価格の相場を調べてみました。

 

Ninja250の買取相場は?

 

Ninja250を売却するとしたらだいたいですが、25万円~40万円ほどの買取査定をしてもらえるのが相場なようです。

 

2013年から発売が開始したばかりのモデルだけあって買取額はかなり高いです。

 

新車自体が53万円くらいで、中古の販売相場が35~50万円くらいなので、売却に関してはかなりアツい車種だと思います。

これからそのまま乗ってよし、乗らないなら売ってよしのバイクがNinja250だと思います。

 

Ninja250のバイク情報

 

Ninja250は2013年よりNinja250Rをフルモデルチェンジして販売に至ったカワサキのレプリカバイクです。

 

日本国内では販売予告をしている状態の時から注文が殺到して、たった3日で年間販売予定の6000台を超えてしまうほどの売れ行きだった人気モデルです。

 

エンジン内部構造・車体装備などを一新してかっこよく、走るバイクにグレードアップしてkawasakiの250ccモデルの中でもトップクラスの人気を獲得しました。

 

多くのバイクは2016年にファイナルエディションが発表されてバイクの生産自体が縮小していく中、Ninja250は2017年以降も新車をきちっと生産していく方針なようです。

 

すごくいいバイクなんでこれからもどんどん生産し続けてほしいものです。

 

 

KLX250は高く売れるのか?2017年買取相場を調査

読了までの目安時間:約 3分

 

カワサキの人気オフロードバイク「KLX250」を今2017年に売ろうと思ったら高く売れるものなのか?買取相場を調査してみました。

 

インターネットのオンライン査定サービスを利用して、買取相場を調べてみた結果は、だいたい10万円~35万円程度で買取してもらえることが分かりました。

 

35万円での買取ってけっこう高いのではないでしょうか?

 

最高値が35万ということもありますが、平均買取で20万円くらいは見込めるような感じだったので、売却に関しては優遇されている方だと思います。

 

KLX250は大きく分けてキャブ車とインジェクション車で買取値がかわるようなので、この2つそれぞれわけての紹介もしておきたいと思います。

 

 

KLX250(キャブ車)の買取相場
対象年式:1998年~2007年
買取値目安:10万~20万 平均15万円程度

 

 

KLX250(インジェクション車)の買取相場
対象年式:2008年~2016年
買取値目安:18万~35万 平均26万円程度

 

 

キャブ車の方が買取はだいぶ安いです。インジェクション車は元値が高く、年式が新しいため買取値は高いです。一番新しいモデルの2016年であれば35万円以上の買取額が見込めるかもしれませんね。

 

KLX250のバイク

 

KLX250は1998年より一般道路向けに乗れるモデルとして登場しました。

 

水冷4ストロークのDOHC4バルブエンジンであることから250cc単気筒ながらも30馬力をたたき出すほどの高性能を発揮するバイクです。

 

低速域~中速域まで申し分のないパワーと加速を発揮し、モトクロスマシンを思わせるフレーム・倒立フォーク・リヤのサスペンションの装備が充実して走りにこだわったオフロードバイクとなっている。

 

2008年の排出ガス規制で新車のバイク生産が打ち切りになる中、KLX250は問題なくインジェクションモデルの制作に対応して今日の販売実施までにあたります。

 

kawasakiのオフロードバイクといえばKLX250。とっても乗りやすくてパワーがあっていいバイクです。

 

Z250の買取相場はいくら?いくらで売れたら損しない?

読了までの目安時間:約 3分

 

kawasakiのZ250を売る場合いくらで売れるとしたら普通なのか?

売却する前に検討ができるようにZ250の買取相場を調べてみたので今回は紹介していきたいと思います。

 

Z250は25万円以上で売れたらいい方。

 

まず結論からいきましょう。

ネットのオンライン査定サービスを使ってZ250が売れる値段として想定されるのは22万~32万円の間くらいでした。

 

平均買取価格として25万円くらいだったので、25万円以上で売ることができたとしたらいい方だと考えてもいいかなと思います。

 

全体的に買取価格はハッキリいって高いです。新車価格は50万近くしますが、中古車市場での販売価格自体は30万~40万程度なので、あまり値段が下がることなく高い水準で買取してもらえる傾向にあります。

 

kawasakiの250ccネイキッド・レプリカモデルは凄く人気ですね。

 

Z250のバイクについて

 

Z250は2013年2月1日に公式サイトにいきなり販売すると告知され4月15日には販売がスタートする販売スピードがとっても早かったバイクです。

 

Z1000およびZ800シリーズのミニバージョンで、世界で唯一の250ccのストリートファイターモデルがZ250です。海外輸出よりも日本国内を先に販売したのはZシリーズの中ではZ250が初めてらしいです。

 

見た目はZ1000やZ800の縮小バージョンですが、エンジンの形式はけっこう違います。

Z1000やZ800の4気筒エンジンとは違って並列2気筒エンジンを採用しています。

 

250ccの4気筒エンジンは低速域が弱いとされがちですが、Z250は2気筒エンジンでの制作をしていることもあり、低速域から中高速域までスムーズにパワーがあって乗りやすいバイクとなっています。

 

新しいkawasakiの250ccシリーズはNinja250とともにZ250は乗りやすくかっこよくていいバイクです。

Dトラッカー(DトラッカーX)の買取相場はいくらか?

読了までの目安時間:約 3分

 

Kawasakiの人気250ccモデルの「Dトラッカー」の買取相場について今回はコメントしたいと思います。

 

DトラッカーとDトラッカーXの買取目安

 

Dトラッカーの現買取相場は10万~23万円くらいがだいたいの買取相場と見ていいと思います。

 

ちなみに最新のDトラッカーXについては、15万~35万円くらいが買取目安となっていました。

 

TWやFTRなどのトラッカー系はブームが過ぎてから価格が下落していますが、Dトラッカーについてはまだまだ買取額が見込めるような感じです。

 

とくにインジェクションを装備したDトラッカーXは平均すれば20~25万円くらいの買取がしてもらえるような感じなので、買取価格については期待してもいいように思います。

 

いずれもネット上のオンライン査定を利用して調べてみました。

 

純正ベースを想定しての査定を行っているので、自分の愛車の買取値段についてはオンライン査定を実際に使ってみてください。

 

Dトラッカーの歴史について

 

Dトラッカーは1998年にkawasakiより製造販売されたバイクです。

 

DトラッカーはKLX250をベースにハンドル形状を変更して、前後ホイールを17インチに変換し、さらにオンロードのタイヤを装着させたオンロードで走れるオフロードバイクになります。

 

2008年には2007年の自動車排出ガス規制に伴い、インジェクション化を踏まえてフルモデルチェンジを行いました。

 

人気があり、販売の売れ行きも好調だったのですが、2016年のファイナルエディションをもって日本向けの生産は中止となりました。

 

・Dトラッカー(キャブ)初期モデル ⇒ 1998年~2007年

・DトラッカーX(インジェクションモデル) ⇒ 2008年~2016年

 

 

カワサキ・バリオス(BALIUS)の買取相場研究!

読了までの目安時間:約 4分

 

カワサキの人気250ccネイキッドモデルのバリオスについての買取相場を研究してみました!

 

バリオスの買取最高値は35万。

 

バリオスの買取相場をオンライン査定サービスを使って調べてみたところ、3万~35万の買取価格の値段がつくことが分かりました。

 

3万~35万の詳細をこれからお伝えしていきます!

 

まずはバリオスの初期モデル。いわゆるⅠ型ですね。

 

Ⅰ型は本当に安いです。これでもかというくらい(^_^;)

 

バリオスのⅠ型の買取相場は、3万~15万という感じでした。

 

15万という高値もありますが、これは程度がかなり良い状態のものでの話なので、走行距離も多く一般的な程度の状態だとするとよくて10万円で買い取ってもらえたらいいという感じだと思います。

 
続いてバリオスの新型モデル。いわゆるⅡ型。

 

Ⅱ型になると買取査定額はグーンとあがります。

 

バリオスのⅡ型の買取相場は、5万~35万円です。

 

バリオスⅡ型はけっこう販売期間が長いので、Ⅱ型の中でも前半で売られていたものは買取額が下がる傾向にあるように思います。金額でいうのなら5万~23万円くらいです。

 

Ⅱ型の後半、2002年以降あたりになると買取額もあがっていき10万~35万の間で買取してもらえるような感じでした。

 

全体的に見てバリオスⅠ型とⅡ型の前半型(90年代)はあまり買取額に期待しない方がいいかもしれませんね。

 

バリオス(BALIUS)のこれまでの歴史

 

バリオスは1991年から2007年までカワサキにて販売されていた250ccネイキッドモデルになります。

 

バリオスはカワサキのレーサーレプリカ「ZXR250」の水冷エンジンをベースに中低速重視したものです。ただ中低速重視にしたとはいえ最高回転数は19000rpmという超高回転まで回ってしまうマシンで多くの方が高回転まで回しまくって走ったものだと思います。(Ⅱ型後期からは17000rpmが最高回転数)

 

1991年~1996年・・・バリオスⅠ型

1997年~2007年・・・バリオスⅡ型(フルモデルチェンジ)

 

ちなみにバリオスというのは、ギリシヤ神話にでてくる不老不死の神馬の名前とのこと。

神馬ってとってもかっこいいですね!

 

エストレヤ250の買取相場~ネットした査定結果~

読了までの目安時間:約 4分

 

英国車スタイルのレトロデザインでかっこいいエストレヤを今売るのであればいくらくらいの買取額が見込めるものか、ネットの査定サービスを使って買取相場を調べてみました。

 

エストレヤの買取相場はズバリ・・・

エストレヤをネット査定サービスを使って査定にかけてみたところ

2万~35万円の買取金額の幅で買取額が見込めるような感じでした。

 

2万と35万ってあまりにも大違いですね。。。

 

金額が前後する理由として車両の状態というのももちろん関係ありますが、一番大きいのは古いキャブ車か最新のインジェクション車かどうかというのが関係しているように思います。

 

1992年~1999年のキャブ車仕様のエストレヤはだいぶ買取が安いです。

 

金額としては、2万~13万円程度でした。走行距離が少なく程度の良いものでないと10万円を超えることは少ないように思います。

 

ただ新しいインジェクションモデルのエストレヤだと買取額はあがってきます。

 

金額にすると、15万~35万円の間という感じです。手入れをそこそこいれて大事に乗っている車両であれば20万円くらいは買取してもらえるようにも思います。

 

いずれもバイク買取専門業者での買取査定目安なので、販売店とは異なるところがあると思うのでご注意ください。

 

エストレヤのこれまでの歴史

 

エストレヤは1992年~今現在も現行発売されている人気バイクになります。

 

エストレヤといえば英国車スタイルのレトロデザインであることが特徴的ですが、見た目以外にもエンジンがシリンダーボア66mmに対してピストンストロークが73mmのロングストロークの設定を出しており、250ccながらトルクフルかつ鼓動感をしっかり味わえる設計となっています。

 

エストレヤは大きく分けて4つのモデルから成り立っています。

①初期モデルのエストレヤ(1992年~1999年)

特徴:前後別々のシート。前後ディスクブレーキ

 

②エストレヤRS(1995年~2006年)

特徴:前後が一体のダブルシート。前後ディスクブレーキ

 

③エストレヤカスタム(1996年~2006年)

特徴:前後別々のシート。前後ドラムブレーキ

 

④インジェクションのエストレヤ(2007年~)

特徴:インジェクション仕様。前ディスクブレーキ。後ドラムブレーキ


 

エストレヤはどれもが全部シート・ブレーキの仕様が違い、自分の好みに合わせて選ぶことができたモデルとなります。

エストレヤはライダーのニーズに合わせて開発されてきたのがよくわかる1台です。

ZRX400(ZR400E)の買取相場を大公開!

読了までの目安時間:約 3分

 

Kawasakiの400ccモデルのゼファーと並んで人気のZRX400を売りに出すといくらくらいの買取査定額が見込めるものか買取相場を調べてみました。

 

ZRX400の買取相場

 

ZRX400はビキニカウル付きの標準タイプとビキニカウルなしのZRX-Ⅱの2パターンがあるのでそれぞれの買取相場を見ていきましょう!

 

まずはビキニカウル付の標準タイプのZRX400。

こちらの買取査定額としては、10万~50万の間でした。

 

年式自体もちろん新しい方がいいのですが、査定で調べた感じでは、走行距離が少なく程度がいい車両の方が買取額が高くなるような印象がありました。

 

走行距離が5000~15000kmくらいで程度が良いもので2000年以降の車両であれば30~40万円くらいの買取額が見込めるようです。

 

つづいてビキニカウルなしタイプのZRX400-Ⅱ。

こちらの買取査定額としては、9万~46万の間でした。

 

ほとんどビキニカウル付タイプのZRXと査定額印象は変わらないのですが、ややⅡタイプの方が買取額が安くなる傾向にあります。

 

Ⅱタイプもビキニカウル付きタイプと同じで走行距離が少なく程度がよいものであれば25万~40万円くらいの買取額が見込めるような感じでした。

 

ゼファーのように新車の価格を通り越すほどの高い買取価格にはなりませんが、一般的なバイク買取と比較した場合ZRXは高い買取な方だと思います。

 

ZRX400の歴史

 

ZRX400は1994年よりKawasakiから生産販売されました。

 

空冷のゼファーとは違いZRX400は水冷エンジンを採用していることから走りがしっかり楽しめるネイキッドモデルで、走るKawasakiバイクとして人気がでました。

 

1995年にはバリエーションを増やすためビキニカウルなしのZRX400-Ⅱタイプが生産されるようになりました。

 

1999年の排出ガス対応にもKLEEN搭載と対策を打ってきましたが、2007年の自動車排出ガス規制には対策が打たれることはなく2008年をもって新車生産が終了する形となりました。

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報