ホーム » アーカイブ

カワサキ250TR今売るとしたら売値はどれくらい?

読了までの目安時間:約 5分

 

今日は2018年の今、カワサキの人気ストリートバイク「250TR」を売るとしたらいくらの売値が付くものかリアルな数字をお伝えしていきたいと思います!!

 

 

ネット査定の目安は・・・

 

インターネットのオンライン査定サービスを使って2018年の現状いくらで売ることができるか調べたところ以下のような感じでした。

 

  • 2002年式 40000km 21,000円
  • 2004年式 10000km 88,300円
  • 2008年式 38000km 139,800円
  • 2011年式 12000km 182,100円

 

 

4パターンほど調べてみたのですが、査定結果はこんな感じです。

 

 

 

 

前半の2002年式・2004年式はかなり安いですね。。。

 

 

 

 

250TR自体がもともとそんなに高い車両ではないので、納得はいきますが、にしてもけっこう安いです。

 

 

 

あと250TRはツーリング専用というよりは、通勤・通学の日常利用で使っている方が多いので走行距離が多く、バイク自体が消耗していることが非常にあり、売値自体も安くなってしまうようです。

 

 
ひとつの買取額の境目としてはインクジェクションかキャブかどうかというのが大きい査定金額の要因になります。

 

 

キャブ仕様の売れる金額目安

2006年までがキャブ仕様なので、金額的にもかなり安いです。

 

 

程度が良ければ10万円越えも場合によってはあるようですが、走行距離が多く消耗も激しいと10万円はまずいかないと見ておくといいでしょう。

 

 

インジェクション仕様の売れる金額目安

2007年以降のインジェクションモデルについてはまだまだ売値がつきます。

 

 

基本的には10万円以上の売値は見込めるような感じ。

 

 

走行距離が少なく、カスタムの内容であったり、状態がよい車両にもなれば20万円以上の売値額も見込めるような感じでしょう。

 

 

 

まとめ

2018年現在の250TRの売るときの金額目安をご紹介してきました。

 

 

キャブモデルはけっこう安いです。

 

 

 

乗れば乗るほど、キャブモデルは今後安くなっていくと思うので注意です。

 

 

 

インジェクションモデルはまだ買取も見込めます。

 

 

 

現状は高いので、乗る頻度が多ければ様子をみて、乗ることが少なければこの高いときに手放すのも一つの手かもしれません。

 

 

 

以上、250TRの2018年買取事情でした。皆様の参考になればと思います。

 

 
※今回調べた売値金額目安は走行距離での簡易査定結果になります。カスタム度合・バイク部品の消耗・サビ・傷などによっても買取価格は変わっていくと思うので、詳しくは実際にネット査定サービスを使って買取額を調べてみてください。

 

 

>>>ネット無料査定を使って愛車の見積り・無料査定をしてみる。

 

 

 

 

 

 

カワサキ・バリオス(BALIUS)の買取相場研究!

読了までの目安時間:約 4分

 

カワサキの人気250ccネイキッドモデルのバリオスについての買取相場を研究してみました!

 

バリオスの買取最高値は35万。

 

バリオスの買取相場をオンライン査定サービスを使って調べてみたところ、3万~35万の買取価格の値段がつくことが分かりました。

 

3万~35万の詳細をこれからお伝えしていきます!

 

まずはバリオスの初期モデル。いわゆるⅠ型ですね。

 

Ⅰ型は本当に安いです。これでもかというくらい(^_^;)

 

バリオスのⅠ型の買取相場は、3万~15万という感じでした。

 

15万という高値もありますが、これは程度がかなり良い状態のものでの話なので、走行距離も多く一般的な程度の状態だとするとよくて10万円で買い取ってもらえたらいいという感じだと思います。

 
続いてバリオスの新型モデル。いわゆるⅡ型。

 

Ⅱ型になると買取査定額はグーンとあがります。

 

バリオスのⅡ型の買取相場は、5万~35万円です。

 

バリオスⅡ型はけっこう販売期間が長いので、Ⅱ型の中でも前半で売られていたものは買取額が下がる傾向にあるように思います。金額でいうのなら5万~23万円くらいです。

 

Ⅱ型の後半、2002年以降あたりになると買取額もあがっていき10万~35万の間で買取してもらえるような感じでした。

 

全体的に見てバリオスⅠ型とⅡ型の前半型(90年代)はあまり買取額に期待しない方がいいかもしれませんね。

 

バリオス(BALIUS)のこれまでの歴史

 

バリオスは1991年から2007年までカワサキにて販売されていた250ccネイキッドモデルになります。

 

バリオスはカワサキのレーサーレプリカ「ZXR250」の水冷エンジンをベースに中低速重視したものです。ただ中低速重視にしたとはいえ最高回転数は19000rpmという超高回転まで回ってしまうマシンで多くの方が高回転まで回しまくって走ったものだと思います。(Ⅱ型後期からは17000rpmが最高回転数)

 

1991年~1996年・・・バリオスⅠ型

1997年~2007年・・・バリオスⅡ型(フルモデルチェンジ)

 

ちなみにバリオスというのは、ギリシヤ神話にでてくる不老不死の神馬の名前とのこと。

神馬ってとってもかっこいいですね!

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報