ホーム » 250TRの各年式の特徴 » 250TR各年式の特徴をかんたんにまとめてみた

250TR各年式の特徴をかんたんにまとめてみた

読了までの目安時間:約 6分

1040283_00_2002_02

 

2001年の東京モーターショーで発表されて

2002年から2013年までの12年間発売されていた250TRの特徴を今回はかんたんにまとめてみました~!!

 

●2002年式 250TRの特徴

 

2002年式は250TRの一番最初の初期モデルです。

販売され始めなので変更点などはありません。

 

250TRのベースと考えていいでしょう。

 

2002年式の250TRカラーはポーラホワイト・ライムグリーン・メタリックゴールドスパークタイプ

 

定価349,000円

 

 

●2003年式 250TRの特徴

 

2003年式は2002年と比べてとくに変更点はありません。

 

カラーリングに赤が増えました。

 

2003年式の250TRカラーはポーラホワイト・ライムグリーン・キャンディパーシモンレッド

 

定価349,000円

 

 

●2004年式 250TRの特徴

 

2004年式になり装備の変更点などは見受けられませんが、定価価格が少し上がりました。またカラーリングも少し変わりました。

 

2004年式の250TRカラーはポーラホワイト(ブラウンシート)・メタリックノクターンブルー・ライムグリーン

 

定価366,450円

 

 

●2005年式 250TRの特徴

 

2005年式もほぼ変更はありません。

 

唯一変わったと見えるのは、ポーラホワイトのカラーリングでブラックシートとブラウンシートの2種類あるところぐらいです。

 

2005年式の250TRカラーは

ポーラホワイト(ブラウンシートorブラックシート)

メタリックノクターンブルー

ライムグリーン

 

定価366,450円

 

 

●2007年式 250TRの特徴

 

2007年からは大きい変更点があります。

大きい変更点としては、燃料供給がキャブからインジェクションに変更

またハンドルバーの左右の幅が短くなりました。

 

さらにカラーリングも前キャブモデルと微妙に違うような感じにもなっています。

 

2007年式の250TRカラーは

ポーラホワイト・ライムグリーン・キャンディプラズマブルー

 

定価388,000円
●2009年式 250TRの特徴

 

2009年モデルではカラーリングが大きく変わりました。

 

250TRというかKAWASAKIの代表的なグリーンがありません。

 

2009年式の250TRカラーは

エボニー(黒系)・アトミックシルバー

 

定価388,000円

 

 

●2011年式 250TRの特徴

 

2011年式は基本のカラーリングに戻り、

ポーラホワイトでは、ハンマートーングラフィックのデカールを貼った雰囲気の

違うものとなっています。定価も少し上がりました。
2011年式の250TRカラーは

ポーラホワイト・キャンディライムグリーン

 

定価399,000円
●2012年式 250TRの特徴

 

2012年式は料金改定とグラフィック(カラーリング)の変更がありました。

 

2012年式の250TRカラーは

ポーラホワイト・パールソーラーイエロー

 

定価418,000円
●2013年式 250TRの特徴

 

2013年式は2012年と比べてまったく違うカラーリングでの販売になりました。

 

2013年式の250TRカラーは

エボニー(黒系)・キャンディゴールドスパーク

 

定価418,000円

 

まとめ

 

250TRの各年式の特徴をかんたんではありますがまとめてきました。

いかがだったでしょうか?

 

まとめてみたもののほとんどモデルチェンジの内容がないと思いました。

 

カラーリングは各年式で変わっていますが、

装備系の大きい変更は2007年が区切りになっているように思います。

 

2007年より前はキャブ車

2007年より後はインジェクション車

 

ちなみにKAWASAKIカラーのライムグリーンの最終モデルは2011年になります。

 

この記事がみなさまの参考になれば幸いです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報