ホーム » 250TRの買取相場の現状目安を紹介!

250TRの買取相場の現状目安を紹介!

 


kawasaki 250TR

買取相場目安:2万~23万程度


250TRは2001年の東京モーターショーで発表されて2002年から2013年まで大人気バイクメーカーのカワサキにて生産・販売されていたストリート系のバイクです。

 

 

空冷250cc排気量の単気筒エンジンで軽くて扱いやすくスリムなので販売終了となった今でも男性~女性まで幅広くとても人気のバイクです。

 

 

 

バイク人口が毎年減ってきていますが、250TRも時々まだ見かけますね。

 

 

そんな250TRの買取相場は今の2018年の現状というと、
2万円~23万円くらいがだいたいの買取相場とみていい感じです。

 

 

 

2万円と23万円てちょっと差がありすぎてヤバイですね。

 

 

買取価格調査を無料査定にて調べていてびっくりしました。

 

 

 

この買取価格・買取金額の差については250TRの売られ始めた当初の2001年くらいあたりの車両は全体的によく走行して走行距離が多いものが多く、車両状態も傷やサビなどが増えているものが多いので、車体価値が下がり、比較的買取自体が安い傾向にあります。

 

 

250TRの中で買い取り額が高くなる傾向な高額買取可能年式は、キャブ最終モデルの2005年式か2007年以降のインジェクションモデルが比較的高くなるようです。

 

 

 

それぞれの年式の買取査定目安を公開

 

250TRの各年式の買取相場の目安をみてみましょう!

大きなポイントはキャブ車の古い年式かインジェクション年式かどうかです!!

 

 

  • 2002年式 BJ250F-000~ キャブ 走行距離38000km 約2万~5万円
  • 2005年式 BJ250F-000~ キャブ 走行距離30000km 約8万円
  • 2007年式 BJ250F-040~ インジェクション 走行距離18000km 約18万円
  • 2011年式 BJ250F-040~ インジェクション 走行距離26000km 約15万円
  • 2012年式 BJ250F-040~ インジェクション 走行距離10000km 約23万円

 

 

250TRの販売された初期の古いキャブ車モデルは全体的に買取価格は安いです。

 

 

初期のキャブモデルで走行距離自体が30000km~40000kmだと2万~5万円くらいが買取価格の平均目安と考えていいでしょう。

 

 

初期型の中でも走行距離が少なく10000km前後くらいでサビや傷などもなく程度の良いものなら、10万円程度の買取価格も見込める込める可能性もあると思います。

 

 

250TRで全体的に買取価格自体が上がってくるのはキャブ最終モデル・インジェクションモデルです。

 

 

2005年のキャブ最終モデルからは買取査定相場はガクッと高くなり8万~10万円以上は見込めるような感じです。

 

 

インジェクションのモデルだと走行距離がかなり多かったり、よほど程度の悪い車両でなければ15万円以上での買取は見込めると思います。

 

 

 

一般的な相場ではなく、愛車の状態でのリアルな買取額が知りたい場合は、ネット無料査定を使ってみてください。
>>>ネットオンラインの無料査定で愛車の買取額を調べる場合はこちら

 

 

 

 

250TRを高く売るコツ・高く売るためには?

 

 

古い車両になればなるほど、走行距離が多く車体の程度が悪くなればなるほど、買取金額が下がる250TR。

 

 

今から売ろうとしているときに少しでも高く売る方法はないのかを続いてお伝えしていきます。

 

 

 

①洗車する

 

もともとがきれいな車体の状態だとしたら、あまりさしあたって洗車をする意味も必要もないのですが、もう何年も洗車をしていなかったり、磨いていないものなら、洗車をするかしないかで買取金額にはすくなからず影響していきます。

 

 

どこまできれいにきっちりやるかは車体の状態と実施するやる気次第ですが、時間をかけてきれいに磨き上げるだけでも買取額は変わります。10万が20万円になるというような大幅買取アップはさすがに見込めないと思いますが、数千円~1万・2万円くらいならきれいにすることによって査定額が変わる場合もあります。

 

 

今まで外に駐車していてカバーもかけず屋根なしで一度も洗車をせず、サビや傷・凹みなどがひどすぎる場合は、あまりきれいにならないかもしれませんが、しっかりコンパウンドできれいに磨き上げたりするときれいになる可能性もありますので、できるだけきれいにしましょう。

 

 

 

②純正パーツ・ノーマルパーツを探す

250TRはカスタムパーツも豊富でプチカスタム~ゴリゴリのカスタムまで改造している方がいらっしゃると思います。改造点数が多い場合、わざわざ戻す必要もないと思いますが、カスタムにする際に変更した、元の純正パーツ・ノーマルパーツがあるのなら一緒に売りに出す方がいいように思います。

 

 

一般的にバイクはノーマル状態が高く売れるとされています。

元に戻すことができる純正パーツがあると買取額も多少ながらも高くすることができるかと思います。

 

 

あくまでも前変えたものが残っている場合に探す程度でいいと思います。わざわざ買い集めてバイクを売却する必要はありません。純正パーツを買う方が高くつきます。

 

 

 

③高く買取してくれるお店・業者で売る

 

最後に250TRを高く売るためのコツ。

 

それは・・・

 

高く買取してくれるお店・業者で売るということです。

 

 

いろんなバイク店・買取業者があると思いますが、高く売るのなら買取業者が一般的に査定・買取が高いです。

 

 

街中にはいろんなバイク屋さんがあるかと思いますが、バイク屋は買い取ってすぐ売れるような車両であれば、高く買取してくれますが、そうでない場合は、お店のスペースだけとられて在庫コストだけかかってしまいます。

 

 

したがってその在庫コストがかかる分を見こして買取額も比較的低い傾向にあるように思います。

 

 

それに対してバイク買取業者は店舗販売の他にも、日々業者間のバイクオークションも実施しているので、すぐバイク自体を必要によっては整備して転売する形になっているので、在庫コストを大きくとらず、その分買取額をあげれるように頑張ってくれます。

 

 

なのでバイク中古販売店よりもバイク買取業者の方が私からは査定・売却についてはおすすめです。

 

 

おすすめのバイク買取業者も3社ほどあげておきたいと思います。

 

 

1.バイク王

 

 

バイク買取業者で言わずと知れたバイク王はバイクの買取・売却にはおすすめです。

 

 

実績自体も全国の買取業者でナンバー1になりますし、大手ということもあり、ネットからの査定無料・全国どこでも出張の査定・買取も完全無料です。(一部離島についてはお金がかかるようです。)

 

 

買取業者もバイクを買い取って転売するのが仕事ですから、最初に提示される買取額は低めな傾向にありますが、「今日売りたいと思ってたけど、その金額だったらやめます」など、こちら自体で余裕をもった対応をすると、上司に相談してくれたりで買取についても頑張ってくれます。

 

 

売りたい希望の金額でなければ、きっぱり主張してお話すれば、バイク王はしっかり対応してくれるかと思います。

 

 

 

バイク王で愛車がいくらで売れるか調べてみる。
>>>バイク王のネット無料査定はこちら

 

 

 

 

2.バイクワン

 

 

 

バイク王に続いておすすめできるのが、バイクワンです。

 

 

バイク王ほどの知名度はありませんが、バイク買取業者で検索してもかなり上位で表示されてくる全国規模の大きい買取業者がバイクワンです。

 

 

最新の人気バイク~旧車・難あり不動車・事故車両まで幅広く中古車の買取をしています。バイク王の買取が微妙だったらバイクワンの査定もしてもらうのもいいかもしれません。

 

 

バイクワンで愛車がいくらで売れるか調べてみる。
>>>バイクワンのネット無料査定はこちら
 

 

 

 

 

 

3.バイクランド

 

 

バイクランドは名前が途中で変わった買取業者で、以前はゲオバイクと呼ばれていました。

 

 

よくバイクを売る経験がおありの方はご存知かと思いますが、バイクランドはバイク買取実績ナンバー2と言われています。

 

 

バイクランドはバイクの乗り換えに力を入れている業者で排気量や車種にもよりますが、乗り換えをする場合は新しいバイクの価格を3万円値引きする特典があります。(126cc以上のバイクを売る場合)

 

 

単純にバイクを売るだけならバイク王やバイクワンがいいと思いますが、乗り換えを考えているのならバイクランドはおすすめです。

 

 

 

バイクランドで愛車がいくらで売れるか調べてみる。
>>>バイクランドのネット無料査定はこちら
 

 

 

 

まとめ・総括

 

250TRは今となっては販売終了になってしまったモデルですが、それはバイク業界全体の若い人の乗る方達が減ってしまったためだけなので、新車は売っていませんが、中古市場でのニーズはまだまだあります。

 

 

 

ただ年々買取の価格が下がり買取相場価格自体は低くなっているのは間違いないので、最近乗らなくなっている状態なのであれば査定で買取価格チェックをして売りに出してみるのもいいのかもしれません。

 

 

 

バイク買取業者買取で査定をしてもらうと思っているより高く買取見積りを出してもらえることも多々あります。

ちょっと手放しを検討中の方は、まずはネットで手軽に調べられる無料査定で自分の愛車がいくらくらいになるのか調べてみるのがいいと思います。

 

 

 

 

自分の250TRがいくらで売れるのか知りたい!!

⇒⇒ネットオンライン無料査定にて買取目安を調べるのはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

2017年9月バイク生産終了が続々・・・

 

2017年9月1日YAMAHAの人気バイクの生産が続々終了しました・・・。

知らない方のために生産が終了したモデルをお知らせしておきます。

 

 

「ドラッグスター400」「ドラッグスター400クラシック」「SR400」

「セロー250」「トリッカー」「マグザム」「アクシストリート」「VOX」「BW’S」

これら1度に9台です。。。

 

 

いや本当に衝撃でした。

 

 

これからバイク業界はどうなっていくのでしょうか?

 

ただ今回の生産終了においては二輪車平成28年排出ガス規制がメインとなっているようなので、まだ人気の需要のあるバイクについては排ガスにも対応できるモデルを作るようです。
生産が予定されているのが今のところ、「SR400」「セロー250」「トリッカー」になるようです。

 

特にSR400はオートバイの王道だとも思うので、また復活してほしいものだと私個人的には思います。

 

 

SR関連サイト>>SR400の買取相場は今売るといくらくらい?

 

 

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報