ホーム » 250TRの買取相場の現状目安を紹介!

250TRの買取相場の現状目安を紹介!

 


kawasaki 250TR

買取相場目安:5万~25万程度


kawasakiの250TRは2001年の東京モーターショーで発表されて2002年から2013年まで販売されていたストリート系のバイクです。

 

空冷の250cc単気筒エンジンで扱いやすくスリムで販売終了となった今でもとても人気のバイクです。

 

250TRの買取相場はというと、
5万円~25万円くらいがだいたいの買取相場とみていい感じです。

 

 

250TRの売られ始めた当初の車両は全体的に走行距離が多いものが多く、車両状態も傷やサビなどが増えているものが多いので比較的買取自体が安い傾向にあります。

 

250TRの中で買い取り額が高くなる傾向な年式は、キャブ最終モデルの2005年式か2007年以降のインジェクションモデルが買取が高くなるようです。

 

 

それぞれの年式の買取査定目安を公開

 

250TRの買取相場の目安をみてみましょう!

 

  • 2002年式 走行距離38000km 約5万円
  • 2005年式 走行距離30000km 約14万円
  • 2007年式 走行距離18000km 約19万円
  • 2011年式 走行距離26000km 約20万円
  • 2012年式 走行距離10000km 約25万円

 

販売された初期のものは全体的に買取価格は安いです。

 

初期型の走行距離が10000km代で程度の良いものなら10万円~15万円程度だと思います。

 

2005年のキャブ最終モデルからは買取査定相場はガクッと高くなり15万円以上はすくなからず見込めるような感じです。

 

インジェクションのモデルだとよほど程度の悪い車両でなければ18万円以上での買取は見込めると思います。

 

 

まとめ

 

250TRは今となっては販売終了になってしまったモデルですが、それはバイク業界全体の若い人の乗る方達が減ってしまったためだけなので、新車は売っていませんが、中古市場でのニーズはまだまだあります。

 

年々買取相場は低くなっているのは間違いないので、最近乗らなくなっている状態なのであれば買取に出してみるのもいいのかもしれませんね。

 

買取を考えている方はすぐに即決で売らずにまずは買取査定で自分の愛車がいくらくらいになるのか調べましょう。

 

 

250TRをネット上の買取査定に試してみたら20万円の買取をしてもらえました!!

⇒⇒バイク王のネットオンラインにて買取査定を試してみる(査定無料)

 

 

 

2017年9月バイク生産終了が続々・・・

 

2017年9月1日YAMAHAの人気バイクの生産が続々終了しました・・・。

知らない方のために生産が終了したモデルをお知らせしておきます。

 

 

「ドラッグスター400」「ドラッグスター400クラシック」「SR400」

「セロー250」「トリッカー」「マグザム」「アクシストリート」「VOX」「BW’S」

これら1度に9台です。。。

 

 

いや本当に衝撃でした。

これからバイク業界はどうなっていくのでしょうか?

 
ただ今回の生産終了においては二輪車平成28年排出ガス規制がメインとなっているようなので、まだ人気の需要のあるバイクについては排ガスにも対応できるモデルを作るようです。

 
生産が予定されているのが今のところ、「SR400」「セロー250」「トリッカー」になるようです。

 
特にSR400はオートバイの王道だとも思うので、また復活してほしいものだと私個人的には思います。

 
SR関連サイト>>SR400の買取相場は今売るといくらくらい?

 

 

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報